訪問支援

保育所等訪問支援事業

児童福祉法に基づき、保育所や幼稚園、小学校・中学校・高等学校・支援学校等の集団生活に適応することができるよう、保育所等訪問支援員が訪問し、先生と相談しながら子どもにとってどのような関わり方や提示方法が適しているのか一緒に考えながら協力、連携を図り、お子さんが楽しい園や学校生活を送ることができるように支援を行います。

保育所等訪問支援事業

対象児童

発達の遅れや偏りが気になる児童及び障害のある児童で、通所給付の決定を受けた児童が対象です。

訪問先範囲

保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、その他児童が集団生活を営む施設として、地方自治体が認めたものとなります。

目的

児童発達支援・放課後等デイサービスで行う療育支援を保育所・幼稚園・学校等で実施し、保育所・幼稚園・学校等の集団生活に適応を促します。

費用

サービス利用料のうち1割をご負担いただきます。(所得に応じて利用上限が定められています)

家庭支援(家庭連携加算・相談)

お子さんの家庭での過ごし方に不安のある場合、職員が家庭までお伺いし、環境面の調整のアドバイスをしたり、直接本人に支援を行います。

PAGE TOP